ミヤタタカシ

みやたたかし

この作家へのお問い合わせ

プロフィール

AWARDS
2019年度 ボローニャ国際絵本原画展 入選

絵本第五作品目の「迷子のうさぎ」が2019年度 ボローニャ国際絵本原画展 入選しました。本作は黒のフェルトペンで描かれた全32ページの作品です。
受賞した作品のテイストはギャラリーの後半に掲載されている白黒のものと同様です。

PROFILE
2005年に広島市立大学を卒業後、映像制作のディレクター、企業ロゴやWebデザイン、絵本の装丁などを手がけ、2016年に10年間勤めたデザインの会社を退社。現在はイラストレーター、絵本作家として活動しています。作品は主に視覚表現である絵と文章表現である物語を組み合わせ、記憶や懐かしさを題材に制作しています。主にフェルトペンや切り絵を使ったイラストレーションで、アナログ感のあるテイストの作品を得意としています。

News

広島の風景を描いたイラスト集 Undertone の一部を追加しました
ギャラリー部分の15〜24枚目までです。黒のフェルトペンと、白のボールペンを組み合わせて描いています。

 

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル

オリジナル